キャンプでも快眠!寝床づくりのテク

Pocket

快適な睡眠に寝床の多層化をオススメします。 キャンプでは自宅で眠るのとは違い、快適に眠れる様な状態ではありません。キャンプ場毎にグラウンドの状況が異なり、砂地、砂利による背中のデコボコがあったり、早朝や寒い季節には地面から冷気が伝わってくることもあります。そんな中薄いテントの中で一晩を明かすわけですから、十分すぎる準備をしておくのも良いでしょう。 普段とは違ったアウトドアの中で快眠を得るためには、寝床を多層化するのが効果的な方法となります。グラウンドシートの上にテントを張り、テントの中にはフロアマット(なければ新聞紙やダンボールなどを利用)、さらに個人用のマットを敷いて、寝袋をセットします。このように寝床を多層化して行く事により、より快適な空間をテントの中に作る事が出来ます。 そしてこの構造をベースにし、状況にあわせてさらにアイテムをプラスしていきます。たとえばグラウンドシートの防水性に不安があるなら、フロアマットの下にもう1枚薄いアルミシートを敷いたり、シュラフの濡れや防寒に対処するためにシュラフカバーを使うなどして、状況に応じて発展させるのがよいでしょう。また自宅の毛布を一枚持ってくれば寒いときや、寝袋で寝苦しい夜にも対応する事が可能です。 どうしても暑くて眠れない、と言う人には涼しいコットを利用するのもよいでしょう。 自宅から枕を持ってくるのはさすがに大変なのでキャンプ場でまくらを作ってしまいましょう。作り方は簡単で、寝袋の袋などにタオルや衣類を詰めるだけです。高さは量で調節して、汚れが気になる人は枕カバー代わりにタオルを巻きましょう。