キャンプするなら知っておこう!ガスランタン使い方手順

Pocket

ここでは、ガスランタンの使用方法と手順について説明します。
まず、ランタン本体にカートリッジを取り付けます。 ランタン本体とカートリッジ接続部の形状がメーカーによって異なりますので、カートリッジ購入の際にはよくみて確認をしましょう。

次に、ランタンのグローブを外します。
グローブがメッシュになっているランタンを選ぶと割れる心配がありません。

次は、マントルを装着しましょう。 マントルをバーナーチューブの上から覆うように装着します。
マントルを装着したら、マントルの先端を、バーナーチューブの窪みにセットします。
マントルが丸くなるように形を整えましょう。 マントルをカラ焼きします。柄の長いライターがあると、火から離れて作業が出来るので安全です。
全体が白くなるまで焼くようにしましょう。 マントルをカラ焼きすると灰状になります。
均一にカラ焼きができれば、きれいな丸い形になります。壊れ易いので、カラ焼きしたマントルには絶対に触れない様にしましょう。

グローブを装着します。ここでもマントルを壊さないように注意します。
外れない様にきちんと本体にロックしてください。ランタンの燃料調節バルブを開き、ガスの音がしたら自動点火装置を押します。
自動点火装置の無いランタンの場合にはライターで点火します。
最後に、ランタンを点灯します。小さなマントルを発光体としてオレンジ色のやさしい光が灯ります。
ランタンの明るさは、燃料調節バルブで調節しましょう。