キャンプの雨対策をして雨の日も楽しもう!

Pocket

高原地や山のキャンプ場での天気は非常に変わりやすく、晴れていたのに急に雨が降り出すといった事もしばしばあります。そんな時もあわてずに、雨のキャンプも楽しめるよう、対策準備をしておきましょう。 それでは、キャンプの雨対策について説明しましょう。 1. 防水スプレーを塗布する テントは古くなると撥水機能が衰えますので、雨が降ってからではなく、キャンプの出発前に防水スプレーを吹き付けておくようにするとよいでしょう。 2. タープの下で作業する 雨の日は何よりも先にタープを立てることが重要です。タープの設営時には雨に濡れてしまいますが、 その後はタープの下でテントの設営が出来ますので、必要以上に濡れる事を避ける事が出来ます。 3. タープの雨道を作る ヘキサゴン型のタープには必要ありませんが、雨水が溜まってしまうレクタングラー型のタープには雨道を作ってあげましょう。ロープでシートを引き、V字型にして、雨の通り道を作ります。 4. タープとテントの位置関係 少なくとも、テントのフライシートの張り出し部分がタープの中に入る様に設営すれば、テントへ出入りする際に濡れる事はなくなります。また風向きを考えてテントを配置すると、テントが壁になりリビング内への雨の吹き込みを防ぐことが出来ます。 以上、雨対策を万全に整える事で、雨の日でも十分キャンプを楽しむことができるようになります。キャンプや野外で楽しむものですから、どのような天候でも楽しめるようにしておくことがよいでしょう。